東京スカイツリーでバービー展「Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAY」に行ってきました!

黒柳徹子さんのバービー関東

東京スカイツリーの地上450m展望回廊にて、バービー人形60周年記念の展示会が2019年3月6日から5月6日まで行われています。先日この展示会に行ってきたのでレポートと共にご紹介していきます。

バービー展のポスター

Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAY を見るには?

Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAYが行われているのは、東京スカイツリーの展望回廊フロア445~450です。ここに行くには、スカイツリーにのぼるチケットは「展望デッキ」と「展望回廊」、この2つがセットになった「セット券」の3種類があります。Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAYは展望回廊で行われているので、セット券を買うようにしましょう。料金は、当日券で平日大人:3100円、休日3400円です。

Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAY自体は入場料がかかりません。

夜のスカイツリー

Barbie(バービー)って?

バービーは、1959年にアメリカで発売された人形です。この頃日本の物価はアメリカよりも安かった為、初期のバービーは日本で作られていました。その後日本の物価上昇で、生産国は東南アジア、中国などと移り変わってきています。

バービーの本名は「バーバラ・ミリセント・ロバーツ」といい、17歳のファッションモデルという設定です。スレンダーで可愛い見た目と、着せ替えのお洋服も沢山あり、アメリカはもちろん、世界中の子ども達に大人気の人形です。

スポンサーリンク

始まりは歴代バービーの掲示

いよいよBarbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAYのスタート!展望回廊です。

バービーの掲示物

このように、60年前の初代バービーから、1970年代、80年代、90年代・・・と歴代バービーちゃんの特大ポスターが壁に掲示されています。

スカイツリーのガラスにバービー

壁に掲示されている特大バービーちゃんの向かい合わせにある展望回廊の窓にはこんな可愛らしいバービーステッカーも貼ってありました。スカイツリーから見下ろす夜景と共にバービーちゃんが見られます。

所々に出現するバービー名言が素敵すぎる!

この特大バービー掲示の所々にバービー名言が挟み込まれていてとても素敵な言葉たちでした。

ピンクのハートとバービー名言

「ジャンルにはとらわれない。しいて言うならワタシというジャンル。」

黄色いハートにバービーの言葉

「愛や恋が無くても、好きだけあれば毎日は、けっこう充実している。」 

黄色いハートにバービー名言

「ワタシは自分自身を愛してる。自信ってそこから生まれるんじゃない?」

素敵な名言たちです!バービーの自分をしっかりと持っているところが本当に素敵です。日本人は、自己肯定感が低い傾向にあるので、是非バービーちゃんの考えを幼い頃からとりいれていって欲しいと思いました。

リアルバービー展示・〆は黒柳徹子さんバービー!

Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAYは、ポスターや掲示物だけではありません。もちろん、本物のバービー人形の展示もあります。

バービー人形展示

様々な人種や職業のバービー人形達が飾られています。こうしてみると、さすが多国籍国家のアメリカですね。肌の色や身長、体系も微妙に違っていたり。「美」の形は1つではなく、それぞれが魅力をもって輝いているという事が伝わってきました。

花嫁のバービー

プリンセスバービーは華があります。女の子の憧れですね。

黒柳徹子さんのバービー

この人形展示ランウェイの締めくくりは、なんと黒柳徹子さんバービーでした。とても美しいですし、とてもよく似ています。世界に一体だけのモデルです。

他にもカフェや物販・フォトスポットなども

Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAYは、展示物だけではなく、とても可愛いフォトスポットがいくつもあり、バービーの世界に入り込むことも出来ます。

バービーのフォトスポット

カフェでは可愛らしいメニューも楽しめて、物販ではバービー人形や、今回のBarbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAYだけのコラボグッツも買うことが出来ます。

バービー物販

まとめ

Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAYは、バービーファンはもちろん、ファンでなくても楽しめるポイントがいっぱいのイベントでした。スカイツリーの展望デッキ、展望回廊にのぼるきっかけにもなりとても楽しめました。高い所から見る夜景はとても素敵です。カップルやお友達と、お一人様でも楽しめるイベントだと思いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました