花火大会の持ち物は何が必要?絶対に必要な物から有ったら便利な物

夜空に打ち上げられた花火お出かけ

今年も花火大会の季節ですね!

恋人とデートや友達同士でわいわいと!どちらも楽しいですよね。

しかし、いざ行くとなると、
何を持っていけば良いんだろう?

と思いませんか?

そこで今回は、花火大会の持ち物を
「絶対に必要なもの」
「有ると便利なもの」
に分けてご紹介していきます。

花火大会に行く前に準備しておくことにも触れていますのでご覧ください。

最後のまとめにはチェックリストも創っておきましたので参考にしてみて下さい!

花火大会持ち物リスト:絶対に必要なもの

それでは、まずはじめに花火大会に行くなら、忘れてはいけない基本的なものをご紹介していきます!

浴衣姿の女性の後ろ姿

タオル・ハンカチ

まず始めは、花火大会だけではなくいつでも持っておきたいタオルorハンカチ。

飲み物をこぼしてしまった時にも使えますし、汗を拭くにも持っておきたい一枚です。

花火大会では、夕方~夜の時間とはいえ、蒸し暑い事も多いですからね。

ウエットティッシュ

花火大会となると、花火を見ながらお外でご飯を食べたりしますよね。

そんな時はやっぱり、おしぼりとしてのウェットティッシュが活躍します!!

食べ物や飲み物が手についてベトついた時なんかは
これが無いとテンション下がってしまいますよね。

 

お手洗いも混雑しているでしょうから、手を洗うのも大変です。

ウェッティーは忘れがちなアイテムなので、
一緒に行った仲間からも重宝される事間違いなしです★

レジャーシートor折りたたみ椅子

花火大会は、「有料席」でない限りは地面に座ることになりますよね。

レジャーシートが無いと
服も汚れてしまいますし場所取りも出来なくなってしまいます(;_;)
広めに場所が取れれば、寝っ転がって花火鑑賞も出来ます♥

しかし!

 

レジャーシートにずっと座っているとお尻や腰が痛くなる。。

という欠点もありますね。

そんな方には「折りたたみ椅子」も、おすすめです!

小さい簡易的なものであれば、持っていくのもそんなに苦労しませんし、
100均で300円~500円で売っていますよ^^(100円では無い可能性は高い)

制汗シート

花火大会の時期は、やはり

「蒸し暑い」

ので、嫌な汗もかいてしまいますよね。

タオルで汗を拭いても、やっぱりニヲイは気になるもの。

デートで花火大会!なんていう時は、
恋人との密着度も上がるしニヲイが気になってしまっては楽しめませんよね。

制汗シートが有れば、汗ニヲイをスッキリ拭き取ってくれます♥
かさばることもないので、是非持っておきましょう!

ビニール袋

花火を見ながら飲食をすると、出てくるのはゴミですね。

ゴミ袋としてもビニール袋は是非持っておきたい品です。

買い物をしたときの袋で良いので、終わるまでとっておきましょう!

花火大会持ち物リスト:あると便利なもの

続いては、花火大会に持っていくと便利なものをご紹介していきます。

TPOに合わせて、選んでみて下さい!

夜の河原

スマホ充電のモバイルバッテリー

花火大会の会場に来るまでに、
乗換案内を使ったり、
慣れない場所だとスマホの地図機能を使ったり・・
待ち合わせでもスマホを使い・・・

スマホの充電が減ってしまう可能性は高いです。

せっかく花火大会会場で腰を落ち着けても、
充電が無くて、仲間との楽しい写真や花火の写真も撮れない><
なんてことになったら寂しいですよね。

最悪の場合、充電が切れた状態で仲間とはぐれてしまったら
もう

アウトです。。

備えは大事!!!

扇子・うちわ

何度も言いますが、

花火大会会場は蒸し暑い!!!

人も多いですしね。
浴衣を着ている事も多いと思いますので、浴衣と扇子で風流に決めてみて下さい★

ハンディ扇風機

うちわや扇子では物足りない方にはコチラ。

最近流行りのハンディ扇風機は、街でも見かけることが多くなりましたね。

花火大会もコレが有れば快適に過ごせる度が上がります!!!

保冷バッグ

花火大会の会場では、冷たい飲み物も売っていることが多いですが、
種類も少なくて値段も高いですよね。

会場から少し離れた所で買い出しをするなら保冷バッグが便利ですよ!

花火が始まって、いざ飲もう!という時まである程度の冷たさはキープしてくれます★☆

クッション・座布団

花火大会を快適に見たいなら、クッションや座布団があると便利ですね。

やはり、かさばるものではあるので会場まで車で行ける方は、是非持っておきたい一品です。

虫除け対策品

花火大会は、野外なので虫も居ますよね。

虫除けや、蚊に刺されてしまった時のかゆみ止めも携帯しておくと安心です。

これも、忘れがちなアイテムではあるので、持っていると仲間から重宝される一品です。

日焼け対策グッズ

花火大会は夕方からですが、早い時間から場所取りなどをする場合は、
日焼け対策グッズが必要になってきます。

特に女性は、日焼け止めや日傘などを忘れないようにしましょう。

セルカ棒

花火大会にはやっぱりオシャレをして行きますよね!

浴衣を着ていく方も多いと思います!

そんな仲間との浴衣姿を写真におさめたり、
花火大会デートは思い出に残るものになるので、写真は沢山撮りたいと思います!

セルカ棒があれば自撮りも楽々出来ますね♥

雨が降るかもしれない時は

花火大会当日が、雨予報だったり、雲行きが怪しい時はレイングッズも持っていきましょう。

折りたたみ傘・レインコート

折りたたみ傘も必要ですが、花火大会会場では混雑して傘をさせないことも考えられますので、
レインコートもあると安心です。

100均の簡易的なものでも良いので用意しておくと良いでしょう。

私は以前花火大会で大雨に降られた事があり、
傘も何も持っていなくて・・・

仕方なく、レジャーシートをかぶって駅まで帰りました・・・。
そんな事も今となってみれば良い思い出ですが、準備はしておいた方が良いです!!!

花火大会に行く前に準備しておきたいこと

持ち物とは別に、花火大会に行く前に準備しておいた方がスムーズな事がいくつかあります。

事前に知っておくのと知らないのとでは差が出ますのでチェックしてみて下さい。

夏祭りの屋台

SuicaなどのICカードにチャージしておく!

花火大会は、帰りの電車も混雑しますよね。

今では電車にのるのにICカードを使っている人が殆どなので、切符を買うのが大変!
という事は無くなりましたが、
帰りにICカードの残高不足で改札に捕まったら最悪ですよね・・・。

一緒に帰る仲間達にも迷惑がかかってしまいます。
チャージは大切!!!

小銭を用意しておく

花火大会会場近くでは、屋台などが出ている事が多いですよね。

屋台では小銭があったほうがスムーズに買えます!

屋台の方がお釣りを用意する手間も省けますし、最悪の場合お釣り切れなんて事もありますから。

そうなってしまったら、しばらく待たないといけなかったり
後ろに並んでいる人も迷惑ですよね。

全部小銭じゃなくても良いですが、
せめて1万円札ではなく千円札を用意しておいた方が良いですね^^

荷物が多くなってしまった時のカバンは・・・

花火大会に持っていったほうが良い荷物って意外と沢山ありますよね。

荷物が多くなってしまうと可愛いカバンに入りません。

特に浴衣の場合は可愛いバッグを持ちたい!!

 

そんな時は、メインのバッグと別に市販の紙袋かビニールバッグを使うと良いですね。

100均や300円ショップで売っているようなものです。

沢山の紙袋

デザインも色々あるので意外と使えますよ☆

まとめ・花火大会で必要なものリスト

花火大会で必要なものをリスト形式にしてみましたので参考にご覧ください。

絶対に必要なもの
☆タオルorハンカチ
☆ウエットティッシュ
☆レジャーシート(折りたたみ椅子)
☆制汗シート
☆ビニール袋
スポンサーリンク
有ったら便利なもの
☆モバイルバッテリー
☆保冷バッグ
☆クッション・座布団
☆扇子・うちわ
☆ハンディ扇風機
☆日焼け止めグッズ
☆虫よけ・虫刺されグッズ
☆セルカ棒
事前準備として、ICカードへのチャージとお金を崩しておくことを忘れない。

以上が頭に入っていれば、今年の花火大会も最高に楽しめること間違いなし!!

今年の夏は1度しかありません。楽しみ尽くしましょうー!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました