諏訪大社秋宮の参拝後ランチにおすすめ信州味噌が美味!二十四節気神楽

神楽御膳のセット中部地方

長野県・下諏訪にある諏訪大社・秋宮前にある信州味噌が美味しい「神楽」さんのランチに行ってきました。諏訪大社秋宮の目の前にあるので、参拝後や観光にもとってもおすすめです。

こだわりの信州味噌と季節のお料理が楽しめます。

場所と入り口

諏訪大社は、諏訪湖の周りに4社があります。その中でも下社秋宮の入り口を正面に見て左側に歩いていくと「二十四節気 神楽」さんがあります。暖簾のスダレと黒い外観が趣を感じます。

お店の入口

秋宮参拝を終えて、春宮に向かう途中ランチタイムになりお腹も空いたのでどこかお店に入ろうという事になりますた。このあたりは蕎麦屋さんも沢山あるので、蕎麦か味噌かの選択になり、こちらのお店をチョイス。

ランチのメニュー

こちらが外の看板メニューです。信州味噌を使ったおにぎりや、牛しぐれ・桜しぐれ、カレーなどがあります。

いざ店内へ

店内にはいると小じんまりとしていますが清潔感もありました。

真ん中に広めのテーブル席と、壁際に2名テーブルが2つ、あとはカウンターといったつくりです。諏訪大社のお膝元なだけあり、店の奥には神棚や黒曜石などが綺麗に飾られていました。土地の神様を大切にしているお店だと思い、ほっこりしました。

スポンサーリンク

二十四節気とは?

お店の名前にもなっている二十四節気とは、太陽暦を使っていた時代に、一年を24分割して名前をつけていました。今でも使われている「立春」や「冬至」などが季節を表す言葉として残っています。

この日本ならではの、四季折々を食材とともに楽しめるというコンセプトのようです。

神楽御膳を注文

私は、味噌・醤油の2種類の焼きおむすびと、汁物のセットの「神楽御膳」900円を注文しました。

神楽御膳のセット

汁物は、信州能平汁か、各節氣の汁物から選べます。能平汁は、根菜多めのお野菜たっぷりで、お出汁がとっても効いていて色は透明に近く綺麗でした。私は節氣の汁物をチョイスして、この時はよもぎ麩のお味噌汁でした。

お結びは、味噌・醤油の焦げ目が香ばしく、お米の方にも焼き色がちゃんとついているのでまた香ばしくて最高です。特に、味噌の方は甘みがある味噌なのですが甘すぎずに、なんとも言えずご飯に合うのです。お米もモチモチしてて美味しいし、予想を遥かに超える美味しさでした。

個人的に、甘い味噌は苦手なのですが、こちらのは美味しくて感動しました。りんごや玉ねぎ、しょうがなどが入ったオリジナルのものです。

また、テーブルの上には「山椒オイル」というものがあり、自由にかけられるようになっていました。自称調味料マニアの私は、味噌おにぎりに垂らして食べてみると、山椒の香りがちゃんとして、適度な刺激もあり美味しいじゃないですか!

山椒オイルと味噌

味噌といい、山椒オイルといい、調味料にこだわるお店に間違いはありません。(私調べ)お土産で売ってくれていたのでちゃっかり買ってきました。

ちいさな水引き

また、このお箸の所に置いてある小さな水引も、可愛いかったです。こういうオシャレな気配り素敵です!!

色々な種類の水引

みんな色が違いました。こういう楽しみがあると、また心に残るお店になりますね。

夜は季節のコース料理も予約で楽しめるようです。ご馳走さまでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました